占いによって違う|夢診断でわかることはたくさん!これだけはやっておきましょう!

夢診断でわかることはたくさん!これだけはやっておきましょう!

占いによって違う

運命の輪のカード

世の中にはたくさんの占いが溢れていますが、自分を知るためのツールとして占いを利用することができます。私たち人間は、生まれてくる前の魂の段階で、生まれる時代、国、親、兄弟、家庭環境、自分の性格、容姿など決めて選んできていると言われています。生まれてくるとそのような記憶はすべて消えてしまうので、自分がすべて選んだという感覚はありません。逆に、「もっとかっこよく生まれてきたかった」「なんでうちの家族はこうなんだろう…」などと不満に感じることがあるかもしれません。でも、すべて自分で選んできたと思うと、意図や意味があってのことだったんだと考えることができます。そして、意図や意味を知る、自分自身を知るツールとして占いが使えるのです。先ほども言ったとおり、私たちは生年月日や自分の名前すらも選んで来ています。ですから、例えば生年月日で診断する西洋占星術などは自分の性質を知るのに最適です。西洋占星術では、星座や惑星の配置、つまり宇宙の動きから自分の特性を読み解く占いです。深く読み解くことで、何のために生まれてきたのか、何を課題としてきたのかなど理解を深めることができます。それがわかれば、今までの人生で何度も繰り返してしまう失敗やパターンなどがあったとき、自分の課題はこれだったのかと気づくことができます。
では、誕生日が同じ双子などはどうなのかというと、誕生日が同じでも名前が異なれば、その方の性格や課題、生まれてきた意味は異なってきます。
このように、自分を知り、人生をよりよく生きていくために占いを利用してみるとおもしろいかもしれません。