太古の占い|夢診断でわかることはたくさん!これだけはやっておきましょう!

夢診断でわかることはたくさん!これだけはやっておきましょう!

太古の占い

フォーチュンクッキー

皆さんは、マヤ暦というものをご存じですか。マヤ暦とは、紀元前5000年頃にメキシコのユカタン半島に突然出現したマヤ文明で編み出された占いの一種です。通常、古代文明が発達するにはいくつかの条件があります。例えば、大河や海の近くで交易が盛んだった、肥沃な大地に恵まれて農業や牧畜が盛んだった、岩石から金銀銅などの金属を採取し加工する技術をもっていたなどです。しかし、マヤ文明はこのどれにも当てはまらない環境で栄えた高度な文明でした。特に、数学や天文学は驚異的で、その緻密な計算から編み出されたのがマヤ暦です。
1年は365日ですが、マヤ暦では宇宙の1年を260日とし、それぞれの日に固有の宇宙エネルギーが流れていると考えます。私たちが生まれた日にはそれぞれ宇宙の誕生日があり、KINと音、太陽の紋章とウェイブスペルの組み合わせでそれぞれの特徴や性質を表します。歴史上の有名な人物や芸能人のKINを調べてみると、皆さん見事にその性質と役割を体現されているように思います。そういう意味では、マヤ暦は占いの一種ではありますが、「当たるか当たらないか」の占いというより、宇宙の法則を示した指針のような性質が強いと言えます。
さらに、マヤ暦は非常に奥が深く、単に個人の性質にとどまらず、家族やほかの人との関係性、何人か集まったときのグループの課題やテーマ、週間や年間の運勢・リズムなど探ることができます。そうした宇宙のエネルギーを知ることによって、無駄にあがくことがなくなったり、開き直って時期を待つことができるようになります。この占いを指針の一つとして生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。